画像掲示板へ投稿してくださった画像は、貴重なものが多いので、大切に保管させていただきます。こちらは、動物編


by memobird3

<   2010年 11月 ( 104 )   > この月の画像一覧

オオタカ

オオタカ 投稿者:もぐらもち 投稿日:2010/11/30(Tue) 15:26 No.30951
こんにちは。
久しぶりにオオタカを見ました。
飛んでいるところを撮りたかったのですが、なかなか動かないので諦めました。
f0181821_117522.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: オオタカ - もぐらもち 2010/11/30(Tue) 15:29 No.30952
ダイシャクシギ3羽と一緒にいるオオソリさんは仲間から取り残されたのでしょうか。
f0181821_1182112.jpg

Re: オオタカ - もぐらもち 2010/11/30(Tue) 15:31 No.30953
メダイチドリとみましたが・・・。
f0181821_1185659.jpg

Re: オオタカ - 鳥平 2010/11/30(Tue) 16:45 No.30957
もぐらもちさん、みなさん、こんばんは。
例のエノキに静止したオオタカ、ありがとーございます。付近を飛んでるのを撮りました。同一個体と思います。
 オオソリさんは、やはり、コシジロみたいですネ。メダイチドリ、賛成!
f0181821_1193156.jpg

Re: オオタカ - 鳥平 2010/11/30(Tue) 16:49 No.30958
すみません。こちらの方がいいかな??
f0181821_111054.jpg

by memobird3 | 2010-11-30 16:49 | タカ科

昆虫の越冬の不思議

教えて下さい 投稿者:イソツバキ 投稿日:2010/11/29(Mon) 16:55 No.30915

鳥平先生 こんにちは。
又又お尋ねします。
小さな虫たちもそろそろ冬支度と思います。
前蛹で越冬するとき、何ヶ月も何も食べずにそのまま蛹、成虫という大事業を行います。そうした越冬世代と、一年に何度も発生をくりかえしている時の世代(幼虫から成虫の期間が短い)とでは、身体の変化はあるのでしょうか?
たとえば越冬世代は小さいとか、産卵数も少ないとか・・
又成虫で越冬という場合は一匹の成虫が何も食べずに冬を越して春になって産卵するということでしょうか?
小さな身体で何も食べずに長い冬を過ごすということが不思議でたまりません。
--------------------------------------------------------------------------------
Re: 教えて下さい - 鳥平 2010/11/29(Mon) 17:31 No.30916
イソツバキさん、みなさん、こんばんは。
 昆虫の越冬世代と、夏の世代では、身体に特別な違いはないと思います。
 冬眠は、新陳代謝がほとんどない状態ですから、水分の摂取がなくても生きてます。
 成虫越冬後の産卵数も、特に変化ないと思います。
 ご質問に対して、適格なお答えが出来てないかもしれませんネ。みなさまも、よろしくお願いいたします。
 疑問が解けない場合は、さらなるご質問をお願いします。宿題をお待ちしてます。
Re: 教えて下さい - イソツバキ 2010/11/29(Mon) 19:15 No.30918
鳥平さん こんばんは。 
ありがとうございました。特に変化がないと分かっただけでも目から鱗です。

越冬世代は長生きできるのでラッキーと思うかしら?
鳥平さんがペットにされたアサギマダラは随分と長生きでした。不思議な世界です。虫さんに見習いたいものです。
Re: 教えて下さい - 鳥平 2010/11/29(Mon) 20:22 No.30920
 イソツバキさん、みなさん、こんばんは。
テングチョウ、ヒオドシチョウは、6月に羽化し、夏は涼しい山上で夏眠し、秋、平地に移動してきて冬眠し、4月に産卵し、その子供が羽化する頃まで生きてます。
 つまり、成虫は、一年以上の寿命があります。チムドンドンでしょ!
Re: 教えて下さい - 鳥平 2010/11/29(Mon) 20:32 No.30923
 このテングチョウは、今年6月に羽化し、山地で夏眠し、11月11日、南伊勢町で撮影しました。
 これから、冬眠に入り、来春目覚め、エノキの新芽が吹き出す頃、産卵します。さらに生き続け、子供が、6月に羽化すると、親子で飛んでるのを見ることがあります。チムドンドンでした。
f0181821_10511547.jpg

Re: 教えて下さい - 食樹 2010/11/29(Mon) 21:16 No.30931
イソツバキさん
蝶の越冬の仕方には色々あって、どの段階で越冬したら良いのか、難しい事でしょうね、寒さ、暑さに対しては卵、蛹、幼虫が有利で成虫は不利だと思うのですが、夏の暑い時期は標高を上げ、冬の寒い時期は標高を下げて、少し暖かくなる日だまりで冬越ししますね。成虫では夏型と越冬時期の秋型では成虫に違いがあります。耐寒を良くする工夫をしているのだと考えれば良いのでしょうね、体毛を多くしたり、成虫の殻を暑くしたりして、蛹の場合でも越冬蛹は殻が暑くなるようです。一番有利な越冬方法は卵内初齢越冬です。卵の殻が厚く寒さから守ってくれます。次に有利なのは液状越冬ですね、液状かすることにより、零度以下の気温でも凍ることが無いので、寒さに耐えることができます。その状態を保つことができるのは、幼虫期と蛹の時です。蛹は酷暑にも耐えることはできますが。幼虫は暑さしのぎの対策はできないみたいです。その為蛹で真夏を過ごせない、北方系蝶などは移動できる成虫で夏を涼しい場所を求める事ができます。夏眠でも冬眠での一定の栄養分を体に蓄える事はできるものと思っています。話はあちこちとんで、まとまりはありませんが、最後に幼虫越冬する蝶には、中齢以上と初齢の場合があるのですが、初齢は卵の栄養分を蓄えたまま、沢山の数で枯れ葉などに潜りこんで、越冬します。ある程度数が減るのは覚悟の幼虫スタイルなのでしょう。中齢以上で越冬する幼虫は栄養分を蓄えたあと、耐寒を良くする為に体を変化させてから枯れ葉のしたなどで越冬します。中にはアカボシや一部ゴマダラの幼虫は木上越冬する場合もあります。他にツマグリヒョウモンの様に凍り付くほど寒く無い場所で越冬する場合食草のパンジーの中で越冬して、小春日和の時など表に出てきてひなたぼっこして少し葉をかじったりしていますよ。
まとまり無いことをだらだら書いて申し訳ありません。誤字脱字にはご理解を

Re: 教えて下さい - イソツバキ 2010/11/30(Tue) 00:39 No.30936
鳥平さん 食樹さん こんばんは。
不思議な蝶の世界をお教え頂きありがとうございました。
こういうことを知るのは大好きで目から鱗 哲学です!チムドンドン!
テングチョウは数年前大発生していました。一つは林道のある場所で、一つはサニー道路のある場所でした。あまりにすごい数なので調べてテングチョウとわかりました。地面すれすれに飛んでいました。今思うに6月ころでした。それ以後このような現象を見ていません。それにしても親子で飛ぶとはすごい!本当に色々なのですね。決めつけてはいけませんね!ある人に私は決めつけてみているとご注意受けたのをおもいだしました。
by memobird3 | 2010-11-30 00:39 | 鱗翅目

ミノウスバ

この子は? 投稿者:gandalf@愛知岡崎 投稿日:2010/11/29(Mon) 20:55 No.30926
まいど~♪
今日はこの子があらわれましたがどちら様でしょうか?
f0181821_10325666.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: この子は? - 鳥平 2010/11/29(Mon) 21:07 No.30930
gandalfさん、みなさん、こんばんは。
11月の蛾をお届けくださり、ありがとーございます。
 マダラガ科の「ミノウスバ」ですネ。出現期は、11月、食樹は、マサキなどのニシキギ科です。
by memobird3 | 2010-11-29 21:07 | 鱗翅目

ムナグロなど

投稿者:T/I 投稿日:2010/11/29(Mon) 15:23 No.30912
こんにちは。
いつものムナグロと
f0181821_1737461.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
Re: いつもの - T/I 2010/11/29(Mon) 15:25 No.30913
ミユビシギです。
f0181821_17381416.jpg

Re: いつもの - 鳥平 2010/11/29(Mon) 16:19 No.30914
T/Iさん、みなさん、こんにちは。
ムナグロとミユビシギのスンバラシイお写真、ありがとーございます。チムドンドンです。
 ムナグロの越冬、楽しみです。また、真冬のお写真を楽しみにしてます。
 27日午後、こちらでもミユビシギを撮りました。
f0181821_17385596.jpg

by memobird3 | 2010-11-29 16:19 | チドリ科

ミヤコドリ

ミヤコドリ 投稿者:鳥平 投稿日:2010/11/29(Mon) 11:31 No.30911
みなさん、こんにちは。
土曜日にズグロカモメを写した続きです。ミヤコドリも飛び回ってました。幼鳥です。
f0181821_17345452.jpg

by memobird3 | 2010-11-29 11:31 | ミヤコドリ科

オオマシコ

和泉葛城山でした!! 投稿者:isohiyo-ryuji 投稿日:2010/11/28(Sun) 18:20 No.30887
昨日は、久しぶりにホームグランドの和泉葛城山でした。
ベニマシコと思って撮っていた、オオマシコです。
f0181821_17125782.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 昨日は和泉葛城山でした!! - 鳥平 2010/11/28(Sun) 19:06 No.30890
isohiyo-ryujiさん、みなさん、こんばんは。
オオマシコをゲットされ、おめでとーございます。懐かしいです。思い出しました。
f0181821_17271996.jpg

Re: 昨日は和泉葛城山でした!! - Nawshica 2010/11/28(Sun) 23:06 No.30906
isohiyo-ryujiさん、昨日は和泉葛城だったのですね。オオマシコ、もう来てるんですか。

今日は岸和田市蜻蛉池公園の観察会にも来てくださり、ありがとうございました。
あとで数えてみると、ノスリ、ハイタカ?、ミサゴ、オシドリなど40種を見ることができました。
来週土日は今年最後の和泉葛城山のバンディング&観察会です。オオマシコは捕れないだろうなあ^^ボクも何年か前に撮ったオオマシコを1枚^^
f0181821_1728990.jpg

Re: 昨日は和泉葛城山でした!! - 鳥平 2010/11/29(Mon) 05:58 No.30908
isohiyo-ryujiさん、Nawshicaさん、みなさん、おはよーございます。
Nawshicaさん、オオマシコ♂、ありがとーございます。とても美しいですネ。
 和泉葛城山での今年最後のバンディングの大成功をお祈りします。
f0181821_17284741.jpg

by memobird3 | 2010-11-29 05:58 | アトリ科
食べたのは 投稿者:イソツバキ 投稿日:2010/11/26(Fri) 18:15 No.30811

鳥平さん 食樹さん こんばんは。
鳥平さん 先日はクロガネモチとの太鼓判ありがとうございました。もう迷いません。
○淵のモウチ見てきました。蕾膨らんでいるのを確認しました。モウチは前年度の枝に花芽がつくのですね。クロガネモチは新年度。虫眼鏡がないので、卵の確認は出来ませんでした。○所のバラも見てきました。蕾が食べられていました。萼にはヤクルリの卵。蕾を食べたのはヤクルリでしょうか?
葉っぱも食痕がありましたので、幼虫を見つけたかったのですが、虫眼鏡がないので分かりませんでした。
来年春ミミズバイを食べているサツマに出逢えたら飼育してみたいです。
f0181821_1657838.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: 食べたのは - 食樹 2010/11/26(Fri) 20:22 No.30816
イソツバキさん
ヤクルリ幼虫の食痕ですね、卵はヤクルリの卵です。なぜか幼虫は見つかりませんね、ウバメガシのときの方が幼虫は楽に見つかります。花の中にに潜り込んでいるのかも。
Re: 食べたのは - 鳥平 2010/11/26(Fri) 20:24 No.30817

 イソツバキさん、みなさん、こんばんは。
ヤクルリの卵に穴が開いて、孵化してます。花は幼虫が食したものと思われます。ご専門の食樹さんのご意見を待ちましょ!
Re: 食べたのは - 鳥平 2010/11/26(Fri) 20:26 No.30818
あれあれ、食樹さんのご出演の方が早かったですネ。出遅れてすみません。イソツバキさん、ぜひ、わらじ型の幼虫を見つけてくださいませ。
Re: 食べたのは - イソツバキ 2010/11/26(Fri) 22:24 No.30836
鳥平さん 食樹さん ありがとうございました。
それでは、花弁を食べ尽くしたのもヤクルリですね。
面白いのは食べるのは花弁だけで、雄しべ、雌しべは食べていません。葉っぱ喰いということでしょう。サツマは反対ですね。花弁は食べない。カクモンノメイガと一緒です。
f0181821_16583141.jpg



Re: 食べたのは - ミカドスキー 2010/11/27(Sat) 00:05 No.30839

イソツバキさん、鳥平さん 食樹さん 皆さん、こんばんは。
おっヤリマシタネ!?おめでとうございます、ヤクルリ幼虫の食痕そのものです、
これで、イソツバキさんも幼虫観察のトリコになりますよ。
野茨の葉を食べるのはパルテルカラーのグリーンで可愛いですよ、
セイヨウバラの花を食べる時は真紅なら赤く、桃色ならピンクに
白ならベージュになり、糞のその色のものになります。
ヤクルリは指摘のように雄しべ、雌しべは食べていませんですね
花にもぐりこみむのもカクモンノメイガと一緒なんですね。
ハマボウの幼果を割ると、糞といっしょにいる幼虫なんですね!?
サツマ飼育は冬場のモチの方が楽チンと思いますよ
花持ちがよく半月以上、瓶ざしでOKです、
夏場のミミズバイは花持ちが悪く、蒸れやすいです。
イケナイ、えさは身近にあるんでしたね、失礼いたしました。
Re: 食べたのは - ミカドスキー 2010/11/27(Sat) 00:46 No.30840

イソツバキさん、鳥平さん 食樹さん 皆さん、こんばんは。
ミミズバイが出て来たので、サツマシジミの三重県のミミズバイ編を・・・
確か1992年?に盆休み親戚のある伊○市で泊まった時、暇つぶしで、
とある神社に入ってサツマシジミの成虫の大発生に遭遇し、興奮を覚えました。
あとから考えれば、既に、この頃、この辺りには北上していたのですが、
誰も気がついていなかったようです、その後、珍蝶が普通種になってしまいました
その数年後、初夏に花が咲くミミズバイを探したところ、簡単に卵を見出す事
が出来ました。8月初旬の発生はミミズバイ喰いとなります、この地方では
この樹は山中や神社に多いので多く発生しますが、このあと秋咲きの樹が
なかなか、花を持たないので、花待ちとなり自然に越夏?に入り、
数も減らしてしまうのあります。              オワリ。

Re: 食べたのは - 鳥平 2010/11/27(Sat) 06:46 No.30845

 イソツバキさん、食樹さん、ミカドスキーさん、みなさん、おはよーございます。
イソツバキさん、よかったですね~~~♪ 三重県におけるヤクルリ研究のトップクラスに太鼓判を押されたのですから、チムドンドンの気分でしょ!
 ミカドスキーさん、サツマシジミの食餌植物としてのミミズバイの発見物語、ありがとーございます。
 私は、三重県のサツマシジミに初めて出会ったのは、羽化直後の新鮮な♂の集団吸水でした。地面近くを飛び回る白っぽいシジミチョウにチムドンドンしてました。
 後程、ミカドスキーさんの研究論文を拝読して、ミミズバイ発生であることを知り、強く納得したのでした。ありがとーございます。
Re: 食べたのは - イソツバキ 2010/11/27(Sat) 10:18 No.30852
鳥平さん ミカドスキーさん おはようございます。
鳥平さん とんでもございません。 チムヒエ~ルです!
ミカドスキーさん 勘違い。このバラは食樹先生にお教え頂いたものです。わらじみたいです。
サツマの観察をミミズバイにしたのは一杯あるのと、低木なので、観察しやすいと思ったからです。カクモンノメイガのようにうまくいくと良いのですが・・口がストローのようになって、蕾に食入するのを見たいです。子房を食べるのならば柔らかい種子なら食べるように思いますが、おちょぼ口ではできないのでしょうか?ミンチにすれば食べるかも。

Re: 食べたのは - 食樹 2010/11/27(Sat) 20:11 No.30870
皆さん
サツマシジミの幼虫飼育は一般的には珊瑚樹に産卵した、2化の飼育が一番楽で、大抵の方が飼育しますね。ミミズバイ、バクチの木、リンボクの頃はあまり多くの方は飼育しないでしょうね、私のした事はありません。晩秋の飼育も食樹の花蕾が手に入り難いので、あまり飼育する方は見えないです。年末から年明けに幼虫採集して、モチノキでの飼育もかなり飼育する方は少ないですね。モチノキで飼育して春型の大きい成虫を羽化させたいのですが。室内飼育すると、大型の夏型が羽化してしまうので悩む所です。今頃の飼育でも涼しい場所で飼育しないと、夏型が羽化します。この現象はヤクシマルリジミも同じです。室内飼育は夏型に近い成虫が羽化します。
by memobird3 | 2010-11-27 20:11 | 鱗翅目

ズグロカモメ

ズグロカモメ 投稿者:鳥平 投稿日:2010/11/27(Sat) 16:49 No.30860
みなさん、こんばんは。
今日は、ズグロカメを少しのぞいてきました。毎年毎年、たくさん撮ってますが、飽きませんです。
 成鳥冬羽です。
f0181821_16412280.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
Re: ズグロカモメ - 鳥平 2010/11/27(Sat) 16:53 No.30861
もう一枚!
f0181821_16415379.jpg

by memobird3 | 2010-11-27 16:53 | カモメ科

タゲリ

タゲリなど 投稿者:もぐらもち 投稿日:2010/11/25(Thu) 19:54 No.30789
こんばんは。
タゲリが30羽ほどに増えていました。
f0181821_16344620.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: タゲリなど - もぐらもち 2010/11/25(Thu) 19:55 No.30790
タゲリ飛翔。
f0181821_16351788.jpg

Re: タゲリなど - もぐらもち 2010/11/25(Thu) 19:58 No.30791
カンムリカイツブリ
f0181821_16354565.jpg

Re: タゲリなど - 鳥平 2010/11/25(Thu) 20:14 No.30794

 もぐらもちさん、みなさん、こんばんは。
タゲリが池に集まってるんですネ。春、旅立つ前も、こんな光景が見られます。
 カンムリカイツブリ、Okです。ありがとーございます。
by memobird3 | 2010-11-25 20:14 | チドリ科
パンジーでの大型ヒョウモンの飼... 投稿者:食樹 投稿日:2010/11/24(Wed) 23:01 No.30749
蝶に詳しい方なら、今頃大型ヒョウモンの飼育なんてと、思われる方の多いと思います。今回少しマニアックな飼育になりますが、その中でも1番苦労するオオウラギンの幼虫を休眠させず飼育した記録を抜粋して紹介します。
オオウラギンヒョウモンの卵です。大型のヒョウモン類の産卵は、食草の近くの枯れ枝や木々に放卵します。所かまわず産卵して、木の上の方にまで産卵する。ヒョウモン蝶類の♀のいます。
f0181821_15575977.jpg

--------------------------------------------------------------------------------
Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:03 No.30750
オオウラギンヒョウモンの初齢幼虫、通常は画像の様に休眠します。
f0181821_15582943.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:09 No.30751
これも初齢かな、これを休眠させずに飼育するのですが、幼虫とも根比べです。飼育にはパンジーの新葉を使うのですが、すぐ休眠使用と食草から離れる、初齢幼虫を毎日パンジーの新葉に乗せてやります。そのうち初齢幼虫は休眠をあきらめて、パンジーの新葉を食べ始めます。
f0181821_15585661.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:11 No.30753
初齢から3齢くらいまでの飼育容器です。雑な飼育方法ですよ。
f0181821_15593040.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:13 No.30755
パンジーの新葉に食いついてくれてオオウラギンの2齢幼虫です。

f0181821_1612981.jpg


Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:14 No.30757
オオウラギンの3齢幼虫
f0181821_1631321.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:16 No.30759
これはオオラギンの3齢と4齢かな。
f0181821_1634426.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:19 No.30761
オオウラギンヒョウモンの終齢幼虫
f0181821_1641418.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:20 No.30763
オオウラギンヒョウモンの蛹1
f0181821_1644681.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 食樹 2010/11/24(Wed) 23:25 No.30764
オオウラギンヒョウモンの蛹2、飼育は今頃から始まると、年越しして、1月下旬頃羽化することが多いです。
他の大型ヒョウモン類も同じ飼育方法で飼育します。1番飼育しやすいのは、ミドリヒョウモンでした。
f0181821_1651622.jpg

Re: パンジーでの大型ヒョウモン... - 鳥平 2010/11/25(Thu) 05:17 No.30765
食樹さん、みなさん、おはよーございます。
希少蝶オオウラギンヒョウモン幼虫の休眠させない飼育、スゴイですネ。パンジーで飼育できることが分かったので、可能になったのか、やはり、飼育される方の熱意ですネ。
 かつて、オオウラギンヒョウモンは、マスミレしか食べないと教えられてきました。マスミレの鉢植えをたくさん作ったことがあります。
 若いころ、藤原岳と大洞山で、現物を見てるのですが、今や幻の蝶となりました。一番の原因は、環境の変化だと思います。広大な草原が樹木の成長と共に消滅しました。
by memobird3 | 2010-11-25 05:17 | 鱗翅目