画像掲示板へ投稿してくださった画像は、貴重なものが多いので、大切に保管させていただきます。こちらは、動物編


by memobird3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ムクゲとカクモンノメイガ

ムクゲとカクモンノメイガ 投稿者:イソツバキ 投稿日:2011/08/03(Wed) 16:29 No.39118
鳥平さん 皆様 こんにちは。
庭のハマボウの花も少なくなりました。カクモンノメイガの被害がムクゲに移ってきています。蜂がムクゲの大きな蕾からカクモンノメイガの幼虫を引きずり出して、しばらく格闘していましたが、そもまま飛んでいきました。蜂は獲物を足で捕まえて飛んでいくのか、口にくわえていくの教えてください。
f0181821_16254699.jpg

-------------------------------------------------------------------------------
Re: ムクゲとカクモンノメイガ - 鳥平 2011/08/03(Wed) 16:47 No.39120
 イソツバキさん、みなさん、こんにちは。
 アシナガバチ、スズメバチの仲間は、獲物をそのまんま巣に運ばず、肉団子にして、口にくわえて運びます。
 イソツバキさんが観察された獲物も、近くで肉団子にされて、口にくわえて巣に運ばれているものと思われます。
Re: ムクゲとカクモンノメイガ - イソツバキ 2011/08/03(Wed) 18:12 No.39121
鳥平さん ありがとうございます。肉団子という言葉聞いたことがありますので、このときもどうするのか興味もってみていました。私の気配を感じて場所を替えたのでしょうね。
群落ではアシナガバチを見る機会は少ないですが、庭ではたくさんやってきます。今年はスズメバチも。果実に大きな穴が開いているのは彼らの仕業と思っています。ポリネーターのハチもそうですけれど、住む環境があるかどうかでしょうね。
Re: ムクゲとカクモンノメイガ - イソツバキ 2011/08/03(Wed) 18:24 No.39122
住む環境といえば、カクモンノメイガの住む場所はこれだと思っています。矢印の所に幼虫が入っています。ハマボウの葉っぱは分厚く、なかなか分解されないので、住処として最適なのでしょう。ムクゲやフヨウの葉はぺらぺらですぐ分解されます。
Re: ムクゲとカクモンノメイガ - イソツバキ 2011/08/03(Wed) 18:25 No.39123
又写真を忘れました。
f0181821_16263878.jpg

Re: ムクゲとカクモンノメイガ - 鳥平 2011/08/03(Wed) 20:35 No.39130
イソツバキさん、みなさん、こんばんは。
 カクモンノメイガ幼虫の棲家、ありがとーございます。この中で、越冬するのですか?
Re: ムクゲとカクモンノメイガ - イソツバキ 2011/08/04(Thu) 06:49 No.39142
鳥平さん 皆様 おはようございます。
カクモンノメイガは年数回発生すると感じています。今巣にもぐったものは羽化するもの、越冬するもの両方かもわかりませんが、飼育では羽化します。この葉っぱは飼育したものです。実際幼虫入りの葉っぱを拾ったことはありません。探したのですが根気なしです。でも地表で何かで巣をつくるようです。写真は鵜方でたくさんある幼樹を数えるためにリボンをつけました。翌春そのリボンに巣をつくっていました。幼樹には花が咲きませんのでそばの成木のものが入ったと思います。
f0181821_16272338.jpg

Re: ムクゲとカクモンノメイガ - 鳥平 2011/08/04(Thu) 07:02 No.39143
イソツバキさん、みなさん、おはよーございます。
 カクモンノメイガの食餌植物は、ムクゲ、ハマボウの花などですから、年1回の羽化だと推定します。
Re: ムクゲとカクモンノメイガ - イソツバキ 2011/08/04(Thu) 11:29 No.39145
鳥平さん 皆様 こんにちは。今庭の草抜きしていてハマボウの周りの草抜きしながら、落ち葉を調べていましたら、蛹が入っているのを見つけました。念願のものをやっとです。羽化させて確認します。
鳥平さん。カクモンノメイガのことならお任せ下さい。幼虫で越冬して5~6月羽化します。小さな蕾をまず食べておおきくなります。ハマボウは蕾から開花までが長く幼虫は小さな蕾から大きな蕾へと食べながら移動して、羽化します。これが第一世代と思います。次に小さな幼虫を見るのが花の中です。花と萼をしっかりと結んで、花粉を食べます。大きくなってきたら子房の中を食べます。又大きくなってきたら膨らんできたほかの果実に移り穴を開けてたべていきます。このようにして何回か発生を繰り返していると思われます。飼育ではなんども羽化しますが、秋に採集したものはさすが越冬します。まだ謎は卵です。どこに産み付けるのか?蕾の場合は花芽あたりと想像できますが、花の中の小さな幼虫はどのようにして入るのか分かりません。大きな幼虫がはいっていることもありますのでどこかで孵化したものが、糸で降りてくるのかなーと想像しています。前日に採った蕾が朝開花しますがその中で見つけたことがありません。夜中に移動?その部分が謎です。大きくなった果実に穴をあけて食入しますが、食べるのはやわらかい内だけです。硬くなりますとマダラトガリホソガに食卓を譲ります。
f0181821_1628149.jpg

Re: ムクゲとカクモンノメイガ - 鳥平 2011/08/04(Thu) 18:02 No.39147
イソツバキさん、みなさん、こんばんは。
 カクモンノメイガに関してお詳しいのに、失礼いたしました。ハマボウの蕾、花、果実だけで、何度も発生するのは驚きです。
 サツマシジミは多化性ですが、どの世代も。食餌植物が異なります。
by memobird3 | 2011-08-04 18:02 | 鱗翅目